泥六(グリンピース池袋西口店店長)のガ珍古競馬予想:優駿牝馬

どうも、グリンピース池袋西口店店長の泥まみれ六太郎です。




先週は

なかったことに

ならないかな

(東京都 P.N.泥まみれ六太郎)


できるなら

一週前に

戻りたい

(東京都 P.N.泥まみれ六太郎)

あんなの当たるかぃ!

毎年ヴィクトリアマイルは本当に当てづらい。

よく考えると、一回も当たったことない。

苦手なレースですね。

ちなみに、今年はじめてとれたのが
中山記念。
◎9番人気で当てた皐月賞。
得意なコースは中山です。


ということで、

今週はそんな東京競馬場、
しっかり予想していきたいと思います。





ポイントは2つ。

A 上り3F上位馬が強い。
ここで大事なのは、あくまでオークスの上り上位です。
前走(主に桜花賞)で上りが早いかは別の話。

B フローラS組の「複勝圏内」
よく、オークスはフローラS組は『勝てない』
と言われますが、複勝圏内はかなり来ています。

2010年から見てみると、3着以内21頭中8頭が
フローラS組。

単純計算で毎年1頭は絡んでることになります。


まず
A どういう上り3Fがオークスにつながるか

勘違いされがちなのが
オークスは距離適性不問


勘違いの理由としては
・上り3F勝負
・中盤で必ずペースが緩む
・桜花賞組の勝ち馬が多い

なんてことから。

最近はヴィクトリアマイルなんて牝馬G1が
できたので、
中距離適性だけどマイルG1好走しちゃう
優秀な牝馬の活躍で、
さらにオークスの距離適性がかすんでしまう傾向です。


しかし!
2400Mは長い!

ということで、実際にオークスで好走する馬の
上り3Fの特徴は

ズバリ!
・11秒台の前半ラップありで上り3F最速を出している馬

余裕をもってG1でも追走できる馬が、
最後にキレる脚を出せる。


次に
B フローラS組を見ていきます

フローラS組の好走馬の特徴
フローラS上り最速
着順は1or2着(トライアルなので当たり前ですね)
近年はディープ産駒
前走も人気(ここはあまり気にしない)
良馬場なら2分1秒を切る。(今年は雨上がりで若干はOK)


ということで、あてはまる①は抑えます。

さらに、

騎手がまず後ろから行ってくれるであろう
(フローラSは前めに付けてしまいましたが)
③も抑えで。

逆に②は厳しいと思います。
フローラSの先行馬でオークスの実績は非常に悪いので。


人気馬

②ソウルスターリング
強いと思います。
前走3着は馬場と展開がかなり特殊でした。

懸念点は、フランケルという父馬。
世界的名馬でしたが、
その子供は現在不発。
ただ1頭の活躍馬が、この馬。
ここから一気に負け続ける不安も…

⑬レーヌミノル
桜花賞馬でこの不人気はとてもおいしそうですが、
同じような展開が予想されるクイーンCで
⑯などに完敗。
キレ勝負では完全に見劣ると思います。

⑭リスグラシュー
個人的には内枠を引けば、まだ何とかなった気がします。
というか、今年のG1は武豊騎手を買えば来なくて
買わねば来る、の繰り返し…。
今週買いませんが、果たして!

⑯アドマイヤミヤビ
本命にしました。
前走、晴れの舞台、桜花賞。
すべての牝馬の憧れのゲートが開いたその瞬間、

まさかの

「たれ蔵」

疑惑。

ということで、度外視してしまいます。

ちょっと不満なのは、
鞍上のデムーロ騎手が、途中からやる気なかったこと。

こういうレースをした後、
馬が次のレースできちんと言うことを聞くのか
不安です。

穴馬(消し)


小回りの追い込み適性が高いのは、鞍上と同じ。
なので、東京、京都、阪神外回り以外で買いたい馬です。


使い詰め過ぎて、適正なローテが大事な要素になる
オークスでは、無理です。


超スローから上り最速の馬は、上り3F数値として参考外。
前走はこの馬を切って馬券とれました。


ほかの馬は、記念出走と考えます。


週末のグリンピースでは
19日 20日 21日
☆ファン感謝デー☆
開催中です!

期間中は毎日、豪華景品のあたる
抽選会を行います♪

スロット楽しみつつ競馬観戦もしながら、
是非是非抽選会にもご参加ください!

0 件のコメント :

コメントを投稿

ブログ内検索

メールで更新を通知!