どくまむしと麻雀とパチンコ業界 グリンピース新宿本店 2020年9月7日入替

 


グリンピース新宿本店のどくまむしです。

今回は真面目な話をしようと思います。途中で投げ出さずにお付き合いくださいませ。おっさんの話めんどくさそうだな。と思った方は入替機種紹介まで飛んでくださいませ。

私、最近同じ風俗営業許認可業態である『麻雀』に注目しております。

「麻雀」という娯楽のイメージ回復・参加人口の裾野を広げる為に『Mリーグの発足』、最近では小学生でも麻雀をやるようになったそうです、子供向けの麻雀教室も開いて参加人口増に向けて、いろいろな方が尽力しています。小さい頃から、麻雀に触れる層を多ければ将来的には、その業界に貢献してくれはずです。

ちなみにMリーグとは

麻雀プロリーグ戦、Mリーグ開幕。数多の麻雀プレイヤー達の中から、ほんの一握りのトッププロだけが出場できるナショナルリーグが始まる。知性に裏打ちされた采配。洗練されたリーグ空間。企業とプロ契約を結び、ユニフォームを纏ったMリーガー達がチームの威信をかけて知を競い合う。さぁ、麻雀をあたらしい時代へ。

もっと詳しい話はこちらで


パチンコ業界は市場規模も年々小さくなってきており、遊技人口を増やすための取り組みが必要不可欠なのでは?そういう意味では、『麻雀業界』の動きというのはきっと参考になるはずです。

年々遊技機が変わるパチンコ業界と、ある程度のルールが固まっている麻雀とでは比較できない部分も多いですが、もっと参加人口を増やすには?というのは両方共通する課題だと考えております。

■若年層の取り込み

わたしと同年代くらいであれば、幼少期・親の膝の上でゼロタイガーに興じていたなどという、記憶があったかと思います。今では未成年の立ち入りはかなり厳しくなっているので、大人になるまでパチンコとの接点はゲームセンターか、アンパンマンパチンコくらいのものです。

では、それ以外に若年層にパチンコ・パチスロに触れてもらうには?
「競技としてのパチンコ・パチスロの確立」
これならば、学生がパチンコ・パチスロに興じることができるはずです。

競技としてのパチンコ・パチスロが成立するの?
そう思ったあなたにこちらを紹介。
グリンピースのキャラクターも描いてもらっている伊藤ひずみ先生の
若葉レバーオン!

実現しませんかね?


■パチスロって本当に楽しい?

業界を盛上げるのに肝心なのはこの部分だと思っております。昔の機種が良かった。で終わっては意味がないのです。『昔の機種は良かった。今の機種はここが楽しいよね!』楽しさを伝えていくこと。それがパチンコ業界でご飯を食べている人達の使命ではないかと考えております。

グリンピースでは6号機の楽しさを知ってもらう為の6号機まとめの作成も進めております。

パチスロ6号機まとめ


麻雀業界では、『Mリーグ』ができる、『雀魂』のアプリが流行る、人気Vtuberが『麻雀配信』を行なうなど、私が麻雀に着目しているから目に付くのかも知れませんが、勢いが付いてきているように見えております。(色んな問題も抱えている業界ではありますが・・・)

パチンコ業界も気軽にいろんな方に遊技していただけるようにならないといけないですね。
趣味はパチンコ・パチスロと公言してくれる方は本当に貴重です。

木村拓哉さんも麻雀に



長い前振りでしたが


麻雀格闘倶楽部参 4階の
「店長がただただ好きな機種を集めたフロア」に導入です。

コナミもMリーグには「麻雀格闘倶楽部」というチーム名で参戦しておりますね。
セミファイナルの最後がアツかった。
いきなり試合を見るより、観戦記なども見るとより、選手の背景や打牌の意味もわかるので、これから興味を持ってみようという方にはオススメです。


1Fには「獣王 王者の覚醒」が登場です。

1Fは『今だからこそのスロット横丁』ここも皆様に知ってもらいたいコーナーです!


グリンピース新宿本店 全6フロアそれぞれにコンセプトを持たせておりますので、お好きなフロアでぜひともお楽しみくださいませ!!


0 件のコメント :

コメントを投稿

ツイッター

メールで更新を通知!

ブログ内検索