グリンピース新宿本店の1階といえばあの機種です。(追記あり)


どうも、グリンピース新宿本店のどくまむしです。


グリンピース新宿本店の1Fというと、何を思い出しますでしょうか?

ある一定の年齢層以上の方からは
「スーパーバニーガール」(オリンピア)という回答が返ってきます。

あの頃は良かったよねーと言われますが、
スーパーバニーガールの設置期間は、1991年から2006年のみなし機撤去くらいまでと思われますので、15年間くらいは『あの頃』です。


え、待って。スーパーバニーガール撤去から14年経ってるの?嘘でしょ・・・。
そりゃ年もとりますわ・・・。知らない人も増えて当然ですわ。うぁーなんでこの機種の話しを出したんだろ。もっと伝わる人が多いと思っていたのに・・・


話が逸れてしまいました。スーパーバニーガールの話で押し切ります。

スーパーバニーガールは長年に渡りグリンピース新宿本店の1階といえばこの機種!
ということで存在していた名機でございます。
(知らない方は是非とも先輩に聞いてみてくださいね!特に同業の方々はきっと先輩たちがいろいろ教えてくれるかと思います!!アイドル店員の皆さんもお偉いさんに聞いてみてくださいね!)

昔は1フロア1機種でした。
もう1回言いますね。昔は1フロア1機種。
そして「スーパーバニーガール」は、長い間1フロア1機種を守っておりました。

私も入社してから何度マイクにて「スーパーバニーガール」と連呼したことか。
ズレ目から、中段チェリーからボーナス察知。フルーツゲームで出玉は加速。

響き渡る電子音のウィリアムテル序曲、祝福のファンファーレは、1階はイノキボンバイエ(だったかな。)そこに女性スタッフによる「ビッグボーナスおめでとうございます!」のマイクアナウンス。それを追いかけてドスの利いた声で、男性社員が更に煽る煽る。

「スーパーバニィガールゥ スタァアアトォォ!」

それがグリンピースの日常でした。
(※当時はマイクアナウンスの全盛期でした。知らない方は先輩に聞いてみてね!)

時代が過ぎてスーパーバニーガールも台数維持が難しくなり(なんせ壊れるからね!!)、1部の島が、「ナイン」→「ポルカノ」→「オオタコスロ」などと入れ替わりました。「押忍!操や」「緑ドンVIVA」が設置されていたこともありました。

そして紆余曲折を経て「ジャグラー」で定着しました。(何度か変わったこともありますが、結局はジャグラーです)むしろ、スーパーバニーガールなんて知らんよ。という方はジャグラーのイメージが強いのではないでしょうか?

コロナ禍の一時避難で1階を現在の『スロット横丁』にしましたが、今後に向けてあらためて、グリンピース新宿本店の顔としてジャグラーシリーズを1階に戻したいと思います。

自粛後営業再開した際、ジャグラーを打っていた方々が戻って来られず、このままじゃダメだと判断して「ジャグラー地下に移動&スロット横丁を1階に移動」という動きを行ないました。最近になりよく見たお客様も戻ってきましたので、そろそろ元に戻しても良いかなと。


ジャグラーなんてどこにでもあるでしょ。

その通りです。

それでもグリンピース新宿本店の1階という特別な場所でお客様をお迎えするには「ジャグラー」が良いのではという結論に達しました。もちろん、今後の撤去される台数に合わせて同台数の「6号機ジャグラー」を確保できるかわかりませんが、こだわりを持ってお客様をお迎えしたいと思います。

いつ入替えるかは改めてご案内いたしますね。


ちょっとした昔話のつもりがとんでもなく昔だったわ・・・。


<追記>

この記事を公開したら、MOPさんから
懐かしい写真のリプをいただきました。



知らない方の為に少し解説しますと、
このグラフ本来は出玉を『出した方』に差し上げていたものです。(古のサービス)

最終日に最後までご遊技頂いたので“特別に”作成したのだと思われます。

記念にとっていただけているとは嬉しい限りでございます。
(なかなかエグイグラフで申し訳ないですが…)



0 件のコメント :

コメントを投稿

ツイッター

メールで更新を通知!

ブログ内検索