ちょっと変わった「ドンちゃん2」の打ち方

久々にブログ書いています!デビルです 。
今回は「ドンちゃん2」のちょっと変わった(マニアック?)な打ち方を紹介したいと思います。
まずこの台は最初に何色のドンちゃんを選ぶのか?から始まりますね。

選んだドンちゃんによって演出が変化
さらにの順で演出が出やすく演出発生時の期待度も変わります。
演出の多い少ないはそれぞれの好みですが、個人的にはを選ぶようにしています。
は演出発生頻度が多すぎて嫌になることがあるので.......

 それでも演出が多いなぁ~!と感じる時は、
ドンちゃん選択画面でSELECTボタンを押しながらドンちゃんを選択!!
 ご存知の方も多いと思いますが、はい!そうです!!

「スケボードンちゃん」です

 こうすると液晶演出が一切発生せず、演出はリール消灯のみになるんです。 

■メリット 
余計な液晶演出が一切発生しない *演出が煩わしいと思っている人限定ですが

■デメリット
涼(12枚役)が消灯発生時に成立している可能性があり、勢いで打つと取りこぼします。

あんなに立派な液晶画面が付いているのに、スケボー状態では出番が無くなります。

純粋に出目だけで楽しみたい!
消灯でドキドキしたい! 

なんて気分の日は涼の取りこぼしに注意しながら
是非!試してみて下さい。





0 件のコメント :

コメントを投稿

ツイッター

ブログ内検索