○○をするには、実は重要な理由(ワケ)があるのです!!



パチスロ グリンピースでは全店で
「HEY!鏡」を再設置いたしました。

6号機初期の台を今更、再設置??
そう思った方も多いのではないでしょうか。

実はこれには深~い理由があるのです。

最後まで読んでいただければ、きっと納得していただけるはずです!!

あることをすることで価値が上がるのです!!




最近、ジャパニーズウイスキーが高騰しているのをご存知でしょうか?

「イチローズモルト」の「カードシリーズ」という54種類のウイスキーが、約1億円で落札されたなんてニュースもありました。1本あたりで185万円?!?

サントリーウイスキーの山崎25年も12万5千円の定価が、楽天市場で140万円の値を付けておりました。そんな値段までになったら飲んでも味が分からなくなりそうですね。

なんでそんなに人気になったのか?

日本のウィスキーは質が高いものが多かったのですが、世界的には知名度が低く、需要がありませんでした。売れていない間は原酒を眠らせて、質の高いものを熟成させておりました。
ところが、2000年代の世界的な和食ブームが起こり、それに合わせて日本のウイスキーも国際的な賞を受賞するなど高い評価を受けるようになったのです。

コレクターズ価格まで行くと極端な話になってしまいますが、同じものでも評価が変わってくることは往々にあるものです。


熟成させたらすんごく稼働した機種ランキング(記憶の中で)

レア台をたくさん扱っているグリンピースだからこそ知っているのですが、
パチスロ機も実は、後から再評価される機種が多いのです。
例えば発売当初は、市場に台数が多すぎた。
時代背景的に周りの設置機種の射倖性が高かった。
などの要因があり正しく機種を評価されなかった機種も多いものです。

例えば、4号機が設置している中で登場した「SHAKEⅡ」などがわかりやすい事例かと思います。設置台数が少なくなってから、評価され始めたと記憶しております。

私の記憶の中でも、熟成させてからスゴく評価があがったなぁという機種があるのでご紹介しますね。

・喰霊-零-(オーイズミ)
高射倖機の撤去が進んだ中でも残った機種ということもあり、撤去期限が近づくにつれ人気も伸びた思い出。撤去期限前に故障になったのは泣きました・・・。

・DARKER THAN BLACK -黒の契約者-(SNKプレイモア) 
固定ファンの方もいた台ではありましたが、元々の販売台数の少なさもあり長く愛された機種でもありました。

・デビルマン2-悪魔復活-(エレコ)
実は一時期倉庫に保管されていた台でしたが、後から再設置したらよく動いてくれました。一時期撤去されたということは稼働しなかった時期があったということです。

・ジャックと豆の木(ヤーマ)
5号機初期の台ですが、思い入れの多い方も多く、撤去が近づいた際には多くの媒体が撮影に来た機種でもありました。喜びはGOD級!

他にもたくさんありますが、印象深い機種を紹介させていただきました。


将来に向けて、熟成開始~!!



今は5号機から6号機への以降期間。完全に6号機時代になった時に価値を増す機種が出て参ります。その時に向けて現在熟成を行っております。


桃栗3年柿8年
検定3年認定プラス3年

めちゃめちゃ語呂が悪いですね!!

検定というのは最初の3年間は使えますよ。そのあと「認定申請」を行うことでチェーン店内移動や、検定が切れたあとも部品の供給をしてもらえます。

この認定申請というのは「設置している機種」でしかできません!

なので、将来に向けて今、再設置を行っているのです。




ただ、再設置するだけでは意味がない。
グリンピースとしては、再設置するからには台の良さをもっと知っていただけるように、「HEY!鏡」大好きスタッフが作成したお手製、攻略本も用意しました。

これからの6号機時代に向けて、あの手、この手で盛り上げていきますよ!


パチスロをもっと楽しく!

これからもお近くのグリンピースをよろしくお願いいたします!!














0 件のコメント :

コメントを投稿

ツイッター

ブログ内検索